トレンチシート

上下水道・電気・ガス・電話等の配管埋設工事で土砂崩壊事故
を”0”にするには、掘削溝に入らずに地上より土留をすることが必要です。

(掘削深さ3m以内で発生する人身事故の約半数は土留施工中に発生しています。)
(後の半数は土留無しで作業をしていて発生しています。)

スーパトレンチシート5

  • 世界最高の技術で作り出された新日鉄ニオブ合金を素材に連続溶融亜鉛メッキを施し超軽量化を実現
    スーパートレンチシート5:m当り5Kgでアルミとほぼ同じ重量
  •  断面積が小さいので根入れが確実にでき、余分な土を掘りかえす必要がありません
  •  鉄を基本にしている為、価格が安く安定しています。
  • カギ孔付2型の利用により、腹起の設置や緊急、応急処置に有効なトンボバリが簡単にできます
  • クイックサポートを併用することで、手軽に素早く安全な作業ができます。

ザ・ケイヤイタ5

  • 材質、形状はスーパートレンチシート5と全く同じ、厚さ2.4mmの強力タイプm当り6.1Kg

腹起材

土圧計算例