管路試験概要

  • 通線作業
    埋設した管にケーブルを通す為の導線としてのワイヤーを通します。左側より通線用ストッパーにコンプレッサーでエアーを送り空気を推進力としてラコーダー(通線体)を飛ばします。ラコーダー(以下よりダウンロード出来ます)
  • 気密試験
    埋設した管路に亀裂がないか、空気を充填して気密試験をします。右側(マンホール②)にはストッパーA(送り側)、左側(マンホール①)はストッパーB(止め側)で栓をしてストッパーAからエアーを充填します。⇒気圧試験機
  • 通過試験
    マンドリル(試験棒)を通過させ埋設した管のカーブが規格にあっているか通過試験をします。その際に清掃用具等を連結し管路内の清掃を行うこともあります。⇒マンドリル(以下よりダウンロード出来ます)

PDFダウンロード

気圧試験機

ストッパー

SFラコーダー

マンドリル

巻 取 機